2月13日「ここが違う!ニュージーランドと日本のコロナ対策」オンライン学習会

ここが違う!ニュージーランドと日本のコロナ対策

◆日時 2月13日(土)13:00~15:00
◆講師 栗村亜紀さん(ニュージーランド在住医療関係者)
宮川 伸さん(衆議院議員)
◆主催 市民ネットワーク千葉県
◆参加費無料
◆内容
ニュージーランドはJacinda首相のリーダーシップの下で徹底したLockoutと、ゲノム解析を活用した科学的アプローチで感染源を徹底的に突き止め封じ込める方策で1カ月半で全土でコロナゼロを達成し、今は普通の生活に戻っています。
一度に16検体を40分で判定するリアルタイムPCR機「Liberty16」の全土での活躍も大きな力となったそうです。
日本はニュージーランド同様に島国ですが、PCR検査の拡大を徹底的に拒み、今も感染拡大に歯止めがかかりません。
両国のコロナ対策のどこがどう違うのか、私たちは何をすべきか。
NZ現地から、医療関係で活躍しておられる栗村亜紀さんに最新情報のレポートをお願いできました。
日本側の報告者は、医療事情に非常に明るい立憲民主党衆議院議員宮川伸さん(千葉13区)です。